MENU
みらいキャリアコンテンツ
ホームみらいコンテンツ転職活動の基本手書きの履歴書が基本?~履歴書作成時のチェックポイント~

転職に関することやブログなど、幅広いジャンルのコンテンツを掲載します。

手書きの履歴書が基本?~履歴書作成時のチェックポイント~

みらいキャリア編集者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手書きの履歴書、という指定がなければ、パソコンで作成しても構いません。
ただ、手書きの履歴書から人物像をイメージする人事担当者がいることも事実。
また、事務系職種ではとくに、丁寧に書くことで「見る人のことを考えて丁寧に見やすく書くことを意識できる人」という印象を与えることは一つのアピールになります。
手書きかパソコンかは、自分の性格と応募職種をもとに、適した方を選択してください。

ここでは履歴書に記載する基本的な項目について、チェックポイントをご紹介します。

基本情報欄、学歴・職歴欄について

・日付は、郵送する場合は投函日、面接で持参する場合は面接日を記入してください。
 また、西暦にするか元号表記にするかは、履歴書全体で必ず統一してください。

・氏名は、読みやすいように姓と名にスペースを空けてください。
 ふりがなは履歴書の書き方に準じてください
 (「ふりがな」であればひらがな、「フリガナ」であればカタカナで記載)。

・年齢は、日付欄に記載した日にちの年齢を記載してください。

・住所は、都道府県も省略せずに、郵便番号・マンション名まで漏れなく記載してください。

・電話番号、メールアドレスは日中連絡がつきやすいものを記載してください。
 固定電話がない場合は携帯電話の番号のみでも構いません。

・学歴や職歴については、学校名や会社名を省略せずに正式名称で記載することに注意してください。
 (「高校」ではなく「高等学校」、「()」ではなく「株式会社」など)。

・学歴は、義務教育については記載する必要はありません。
 また、専攻や研究テーマについては、応募職種で活かせる場合にはぜひ記載してください。

・職歴は、転職のみではなく異動などで部署が変わっている場合にも異動年月を記載してください。
 また、応募職種で活かせる部署経験やプロジェクト経験がある場合にはぜひ記載してください。
 一方、履歴書で書ききれないほどの内容があれば、履歴書では簡潔にまとめ、詳細は職務経歴書に記
 入、と付け加えても構いません。

応募する企業に即して自分の経験(学生時代の研究テーマや、仕事で経験したプロジェクトなど)を強調することや、ブランク期間が長い方であればその間に行っていたことを説明することで、人事担当者に好印象をもたれる履歴書を作成することができますので、工夫してみてください。

免許・資格欄について

・免許・資格は正式名称でまた、まずは免許を記載し、その後で資格を記載してください。

・資格の名称が変わっている場合は、取得時の名称を記載してください。

応募職種に活かせる内容で取得準備中(勉強中)の資格があれば、そのことも記載してください。
また、多分野にまたがる免許・資格を持っている場合には、数をアピールするよりは、人事担当者があなたの人物像をイメージしやすいよう、応募する企業・職種に活かせるものを優先的に記載することをお勧めします。

志望動機欄について

・基本的には、履歴書に記載する志望動機は要約とし、詳細については職務経歴書に記載してくださ
 い。

・企業の理念や強みへの理解などを交えながら「他社ではなくなぜその企業に応募しているのか」
 簡潔にわかるよう記載してください。また、求人票から読み取れる内容を把握し、応募するポジショ 
 ンに求められている人物像からズレがないよう意識してください。

本人希望欄、趣味・特技、通勤時間について

・本人希望欄に記載する待遇面などについて、基本的には、「貴社規定に準ずる」という趣旨の内容を
 記載してください。複数の勤務地・職種で募集がある場合には、希望する勤務地・職種を記載してく
 ださい。

・趣味、特技も空欄とせず記載してください。

・通勤時間については、原則90分が通勤圏です。それ以上の時間がかかる場合には、「通勤に時間が
 かかることは問題ない」あるいは「内定後転居が可能」など、人事担当者の懸念を払拭できるよう補
 足説明することをお勧めします。

ページトップへ