MENU
みらいキャリアコンテンツ
ホームみらいコンテンツ転職活動の基本書類作成履歴書に貼る写真の撮り方は?写真のイメージで印象が変わる、上手な写真の撮り方は?

転職に関することやブログなど、幅広いジャンルのコンテンツを掲載します。

履歴書に貼る写真の撮り方は?写真のイメージで印象が変わる、上手な写真の撮り方は?

みらいキャリア編集者

履歴書に貼る写真は、応募書類全体の印象に関わるとても重要なものです。
時間をかけて用意した書類がより好印象で受け取られるように、履歴書写真のチェックポイントをご紹介します。

明るい印象の写真でマイナスとなることは無し!

一人きりで完結する仕事はありません。
どんな職種でも、社内あるいは社外の関係者とコミュニケーションをとることが必要です。

明るい印象を与える写真は、コミュニケーション能力の高さを連想させることができるため、応募する職種を問わず、意識していただきたいポイントです。

押さえておくべき3つの基本ルール

  • ・基本サイズは、横3cm・縦4cm

    3ヶ月以内に撮影したもの。

    ・背景は薄いブルー・薄いグレー・白が原則。

マナーとして守るべきルール

・服装はスーツが基本ですが、そうでなくともジャケットは着用してください。おしゃれすぎるメガネ
 は印象を悪くしてしまう恐れがあるので注意してください。

・表情もマナーの1つです。睨みつけたり、あるいは、不安げな表情ではなく、口角を上げて少々笑み
 を浮かべる程度の表情を意識してください。

・男性は、ヒゲや寝癖がないか、また、ネクタイがゆがんでいないかチェックしてください。

・女性は、薄めで明るいメイクを心がけてください。濃すぎるメイクはマナー違反と捉えられてしまう
 可能性があるので、注意が必要です。また、ロングヘアーの場合はできるだけ一つで束ねてくださ
 い。

写真館での撮影がおすすめ

スピード写真と比較して費用がかかってしまいますが、表情、姿勢、服装の乱れなどを第三者の目で整えてくれるため、写真館での撮影をおすすめします。

撮影時のアドバイスの上に、肌荒れや顔色の悪さなどには簡単な修正をかけてくれるため、明るく清潔感のある印象に仕上がります。

 

 

ページトップへ