MENU
みらいキャリアコンテンツ
ホームみらいコンテンツ転職活動の基本書類作成自己 PRが苦手な方は転職エージェントの活用を!3つの例からイメージする自己PR作成法

転職に関することやブログなど、幅広いジャンルのコンテンツを掲載します。

自己 PRが苦手な方は転職エージェントの活用を!3つの例からイメージする自己PR作成法

みらいキャリア編集者

「アピールできることがないから自己PRが書けません。」というご相談をたびたびいただきます。

かし、これまでのキャリアや人生経験の中から自己PRの内容は必ず見つかります。自分を客観的に見ることができれば、自己PRは必ず書けます。

私たち転職エージェントは日々多くの方と接しているため、お一人お一人のアピールポイントを客観的に見つけることが得意です。ぜひ、転職エージェントを活用してください。

ここではひとまず、自己PR作成の方法をイメージしていただける3つの例をご紹介します。

自己PRって何を話せばいいの?

面接時に自己PRで話す内容は、『応募している企業に求められているスキル・経験』『自分の経験したスキル・経験』の共通している部分です。

それぞれの要素を細かく書き出し、自分の持っている経験の中で先方に求められていることを見つけることができたら、自己PRが作成できます。

個人営業経験者が法人営業職に応募するときの自己PR

個人営業を経験してきた方が、メーカーの法人営業の求人に応募したとします。

一見すると、個人に対する営業経験をいくらアピールしても通じないため、アピールポイントがないと考えてしまうかもしれません。

しかし、法人営業は経営者個人に対して営業をすることが多い為、個人営業で培った対人折衝の経験は十分に生かすことができます。訪問時間の調整やお客様のニーズをやお困りごとをヒアリングすることは、個人営業でも必須業務であることから、そういった経験もアピールポイントになるのではないでしょうか。

このように営業先やその時に気を付けていたことなどを丁寧に棚卸しすることで、『これまでの営業経験』『求められる営業スキル』との間に親和性を見つけることができたら、効果的な自己PRが作成できます。

専門商社営業経験者がメーカーの物流部門に応募するときの自己PR例 

専門商社の営業職として新卒から3年務めた方が、メーカーの物流部門に応募したとします。

もしかしたらご本人は、先輩の指示の元、業務をこなしていたため、まだ仕事の全体像や専門知識を身につけてはおらず、かつ、応募する職種は経験してきた業界とは違うため、自分にはアピールポイントがないと感じているかもしれません。

しかし、商社の営業はものを仕入れて売るだけではなく、『適切な量を適切な時期にお客様のもとへ納める』ために『仕入先の生産能力の把握』『最適な輸送ルートの選択』『在庫管理』などの調整能力が求められる仕事であり、こうした業務はメーカーの物流部門でも発生する内容です。

このように業務を細分化しすり合わせることで、キャリアチェンジであっても『経験してきたキャリア・スキル』『応募する職種』との間に親和性を見つけることができたら、説得力のある自己PRが作成できます。

ウェディングプランナー経験者が営業職に応募するときの自己PR

ウェディングプランナーとしてキャリアを積んできた方が、営業職に応募したとします。

ご本人は、営業職に挑戦したいとは思っているものの、未知の職種に不安を感じ、ご自分の経験をどう活かせるのか具体的なイメージも抱けていないかもしれません。

しかし、『売上を上げるために自分で考えて努力できる』『お客様のご要望をヒアリングして効果的な提案ができる』『細かい気遣いを持ってコミュニケーションが取れる』など、ウェディングプランナーで培ったスキルの中には、営業職で活かせるものが多くあります。

このように、商材や営業先が変わったとしても、求められる資質に親和性を見つけることができたら、自信を持って自己PRの作成ができるはずです。

 

 

 

ページトップへ