MENU
みらいキャリアコンテンツ
ホームみらいコンテンツ転職活動の基本情報収集いざ転職!転職活動のはじめ方

転職に関することやブログなど、幅広いジャンルのコンテンツを掲載します。

いざ転職!転職活動のはじめ方

みらいキャリア編集者

転職したいと思った時、まずは何からはじめたらいいのでしょうか?
転職を成功させるためには、企業分析や応募書類の作成をする前に、自分なりの軸をしっかり持てるよう準備することが大きなポイントになります。
ここでは、「自分らしく楽しく着実に進める転職活動のはじめ方についてご案内します。

「これからやりたいこと、今やれていないこと」を把握する

なぜ転職するのか?
それはきっと「今いるところでできないことが、次に行くところではできるから」ではないでしょうか。まずは、自分が何をしたいのか書き出してください。

例えば、「ワークライフバランスを整えたい」「よりマネジメントに特化した仕事をしたい」「地元に戻って働きたい」「より専門的な経験が積める職場へ行きたい」「年収をアップさせたい」など。
自分が本当に望んでいることを把握することから、転職活動ははじまります。

そして「今いるところではなぜそれができないのか」を分析し、では「どういう環境ならできるのか」と考えていきます。
「どういう環境ならできるのか」という部分が、これから求人を探す際に基準となるポイントとなりますので、大切にしてください。

この時、やりたいことがまとめられなくても心配しないでください。
また、「ライフワークバランスも大切にしたいし、より専門的な経験も積みたい」など、項目の優先順位が決まっていなくてももちろん大丈夫です。

転職活動を進めながら様々な案件を見ることで、自分が何を大切にしたいのかは定まってくるものです

自分のキャリアの棚卸しをしてみましょう

これからやりたいことの把握と並行して、これまでのキャリアの棚卸しも行ってください。

棚卸しのコツは、大きな枠組みから小さな枠組みに進むこと。
例えば、関わっていたプロジェクトを書き出して、そこで培った専門知識や専門技術をまとめる、または、所属していた部署を書き出してその中でどういうポジションでいたのか、構成メンバーはどう変わっていったのかをまとめる、という順番です。

具体的に思い出していくことで、「あの時身につけたスキルをもっと伸ばせる仕事がしたい」「あの時の経験を自分の強みとして活躍できる仕事がしたい」というように、これからやりたいことを、より詳細に把握することができますし、それはそのまま企業へアピールする際の説明にも役立てられます。

職種のことを知って、自身のスキルや経験がどの分野で活かせるのかを見てみましょう。

▼職種紹介
https://www.career-on.jp/occupation/

 求人検索サイトで市場の状況や自分の立ち位置を知る

希望する環境の把握やキャリアの棚卸しができたら、次は情報収集です。
求人検索サイトを閲覧することで、「自分が望む仕事が世の中にどれだけあるのか」「望む仕事に就くための応募条件と自分の経験・スキルは合っているのか」をざっくり知ることができます。

検索サイトは、比較検討しやすいように掲載案件の多いものがおすすめです。
求人情報は日々変化するのでこまめにチェックしてみてください。

もしも、望む仕事の求人数が少なかったり、応募条件に自分の経験が届いていなかったりしても、落ち込む必要はありません。
サイトに掲載されていない求人は多くありますし、経験が不足していても他の要素で補える事例は沢山あります。

転職活動全体を俯瞰して想像し転職エージェントを活用するかどうかを決める

ここまでできたら、転職活動全体を俯瞰して想像してみてください。
一般的に、転職活動の大まかな流れは下記の通りです。

「やりたいことの分析」「キャリア・強みの棚卸し」「求人状況の情報収集」「応募したい企業の選定」「応募書類の準備」「書類提出」「面接対策」「面接」→「内定」→「条件のすり合わせ」「退職交渉」→「入社」

自分についての現状把握や、ざっくりとした市場調査の内容と照らし合わせながら、転職エージェントを活用するかどうか、活用するのであればどの部分で活用したいのかを決めておくと、転職活動は随分スムーズになります。

「自分のやりたいことがわからない」「経験やスキルがまとめられない」という、転職活動の一番はじめの部分から転職エージェントを活用することもおすすめです。
実は、やりたいことの分析や、これまでの経験・スキルの棚卸しといった主観的な内容は、信頼できるエージェントを見つけ、客観的な意見も交えながら二人三脚で進めた方が効率的な場合が多くあります。

ページトップへ