MENU
みらいキャリアコンテンツ
ホームみらいコンテンツ内定・退職・入社転職活動を始めてから内定が出るまでの期間やプロセスは?

転職に関することやブログなど、幅広いジャンルのコンテンツを掲載します。

転職活動を始めてから内定が出るまでの期間やプロセスは?

みらいキャリア編集者

転職活動を始めてから内定が出るまでの期間やプロセスは人それぞれです。
ただ、中途採用の求人を出している「即戦力」を求める企業としては、内定を出したからにはできるだけ早い入社を望むことが一般的。
できるだけ早く入社できるよう配慮しながら現職で置かれている環境と照らし合わせ、自分の意思で転職活動の期間を設定していただけたらと思います。

応募書類を提出したあとの流れと期間について

希望の企業へ書類を提出したあとの流れについて、平均的な例です。
「書類応募」「書類応募の結果」「一次面接の実施」「一次面接の結果発表」「二次面接の実施」「二次面接の結果」

それぞれ次のステップへ進む際に1週間程度の時間がかかります。そのため、選考が二次面接で終わる場合には、書類応募から4〜5週間程度、三次、四次面接まで続く場合にはさらに2週間程度ずつ加算されるイメージです。多くのケースでは、書類応募から内定までの期間は大体4〜8週間ほどとなります。

実際にはここに、応募する企業のリストアップ期間数ヶ月、内定が出たあとの退職交渉や退職のための引き継ぎ期間数ヶ月が加味されます。
仮に、リストアップ期間・引き継ぎ期間をそれぞれ1ヶ月とした場合、全体としては3〜4ヶ月程度の転職活動となります。

▼転職支援サービスへの

お申込みから、入社まで

https://www.career-on.jp/about/flow/

企業はできるだけ早い入社を望む場合が多い

中途採用を迎え入れる企業は、求人を出す時点で人手が足りていないことが少なくありません。
したがって、企業としてはできるだけ早く入社できる人材を優先的に受け入れる場合があります。
このことを理解し、転職活動を本格的に始める際には、できるだけ早く次の会社へ入社できるよう身の回りの環境を整備することが重要です。

また、退職までに時間がかかると予想される場合には、「プロジェクトが終わるまで辞められない」「繁忙期がすぎるまで辞められない」というように、応募企業に理由をわかりやすく説明できるようにしてください。

希望するタイミングで円満に退社するためには
引き継ぎ準備にも
気を配ることが大切

転職活動を始める段階で「いつまでに転職するまたはヶ月で転職をする」というように、転職期間を設定しておくことは有効です。

自分で転職期間を設定することで、引き継ぎしやすく書類を整えるなど、退職に向けた環境を意識することができるからです。

前もって退職の準備をしておくことは、希望するタイミングでの退社など、円満に退職交渉を進めるために非常に役に立ちます。

ページトップへ