MENU
職種紹介
ホーム職種紹介事務・企画知財/特許

知財/特許

自社の発明や製品を財産として守り、活かす。

知的財産とは、自社の発明や製品を特許権、商標権、著作権、実用新案権などの知的財産として権利化するため、該当する法律と照らし合わせて様々な手続きを行なう仕事です。仕事の内容は、主に特許調査、特許出願・権利化、判定・係争対応、開発契約・ライセンス契約等になります。製造業など膨大な量の特許を有する企業は、独立した部門を設けている企業が多くありますが、企業によって、製品ごとに担当者を置き特許調査から契約まで全ての業務を一人の担当者が行う企業もあれば、各業務ごとに担当者を置いている企業もあります。

求められる経験としては、企業での知的財産業務として特許調査経験、特許出願経験、明細書作成経験などがありますが、それに加えて、業界ごとに特定の技術分野に関する知識を求められます。また、社内の開発部門や取引先などと交渉することが多いため、コミュニケーションスキルや交渉力も求められます。必須要件になることはほぼありませんが、弁理士、特許技術者の資格保有者は歓迎されます。
未経験からの転職は難しいのが事実ですが、業界で技術職として経験がある方のキャリアチェンジは歓迎される場合があります。

同じカテゴリーの職種

ページトップへ