MENU
職種紹介
ホーム職種紹介機械・電気電子金型設計

金型設計

製品の生みの親である金型。製品の品質は金型出来悪しに左右される重要な設計業務

金型設計とは、工業製品の完成図に合わせて、製品の元となる金型を設計する仕事です。 金型は、金属やプラスチック、ゴム、ガラスなどの素材を、製品の形に加工するために使用する、量産品を製造するためには欠かせないツールです。

成形する材料や形状によってさまざまな金型があり、大きくはダイ型(開口部を持つ開放型)やモールド型(閉鎖空間にて成形を行う密閉型)に分けられます。

ほとんどの工業製品はこの金型から作られているため、金型は製品の産みの親とも呼ばれます。 金型の品質が製品の品質を決定するため、ものづくりにおけいて金型は非常に重要な役割を担っています。

同じカテゴリーの職種

ページトップへ