MENU
転職ストーリー
ホーム転職ストーリー商社からメーカーへ転職。モノづくり企業で働くことを見据え、2年間の努力が実を結んだ転職事例。《愛知県へのIターン転職》

商社からメーカーへ転職。モノづくり企業で働くことを見据え、2年間の努力が実を結んだ転職事例。《愛知県へのIターン転職》

業種
仕事内容
年収
転職前
商社
営業
430万円
転職後
メーカー
調達
480万円
更新日 2018年6月
お名前 U様
ご年齢 20代後半
性別 男性
転職時の年齢 20代
転職活動期間 2015年5月~2017年8月

自分の活躍の場は本当にここなのか?

兵庫県出身のUさんは地元の国公立大学を卒業後、機械関連商社に就職。

広島県の営業所に配属となり、営業職として活躍していた。

商社での営業はメーカーの製造現場の方と直接お話をすることでニーズを引き出す必要があるため、自社で取り扱っている機械関係の部品についての知識は身に付けておかなければならず、Uさんは顧客の為、そして自社への貢献の為に日々努力を続け、モノづくりに携わることができる環境にやりがいを感じていた。

顧客の期待に応えるために、よりよい商品を提案し、喜んでいただけることに満足はしていたものの、あくまでも商社としてメーカーの商品を取り扱い、メーカーと顧客の間に入ることが職務であるため、商社としての仕事内容にUさんは物足りなさも同時に感じていた。そして、モノづくりの現場に近い場所に自身の身を置いて働いてみたい、そう考えるようになった。

転職したい!でも、自分にはまだやるべきことがある!!

Uさんはただ単に営業職として取り扱い製品の提案がしたいわけではなく、顧客の要望に応えられるような商品をいかに顧客に魅力的に提案できるかということに拘った。そのためには生産工程から知る必要があると考えた。

しかし、技術的な知識もなければ理系出身でもなくメーカーでの経験もないUさん。
自分の活かせる経験といえば、営業職で培った交渉能力とコミュニケーション力。

今よりものづくりに深く携わるためには、どうすれば・・・。

Uさんは転職活動を始めたものの、この時Uさんは、社会人経験2年目であり、経験も知識も浅かった。

「このまま活動を続けても、納得いく転職にはならないかもしれない。
もう少し、自分自身が成長したとき改めて転職を考えよう。」

考えを改めなおしたUさんは、一旦、転職活動を中止した。

努力と実行力が自信に!今が転職のチャンス!

それから約2年の月日が流れた。転職を思いとどまってからの、Uさんは営業スキルの向上と機械部品の商品知識を身に付け、製造現場のエンジニアの方やメーカーの工場長と技術的な話ができるようにまで成長した。

さらに海外企業との調整も経験し英語力を駆使して現地の企業とスムーズなコミュニケーションが取れるようにまでになっていた。

Uさんは社会人として、そして機械商社の営業として成長を遂げていた。

2年前のUさんは、まだまだ半人前で社会人としての経験も浅かったが、この2年間で、自分の力で仕事を進めていくことができるようになり、それがUさんの自信に繋がっていた。

その自信が後押し、もう一度、モノづくり・メーカーへ転職をチャレンジする為、再び転職活動を開始した。求人サイトに登録したきっかけで、転職エージェントの[みらいキャリア]からのオファーメールに返信にした。[みらいキャリア]はモノづくり産業が盛んな愛知県名古屋市の転職エージェントで、いくつかの自動車関連企業などメーカーの求人情報が添付されていた。

自分にもチャンスがあるかもしれない、と期待を持つ一方で、20代後半の自分が未経験業界にチャレンジすることなんて果たしてできるのであろうかという不安もあった。

でも、これまで努力して身に付けたスキルはきっと活かせるはず。
そう信じて、ものづくり企業への転職を実現させるために、幅を広げて転職活動を再スタートさせた。

2年越しの転職活動「あの時の判断は間違いではなかった」

2年前から転職は考えていたものの、具体的な転職活動をするのは初めてのUさん。

みらいキャリアを通してメーカーや製造業の求人に複数応募した。
そして、これまでの商社での営業職としての経験や、
転職をしようと考えてからの2年間で身に付けたスキルがメーカーでどう活かせるのか、職務経歴書にまとめ、それを採用面接でも話をした。

その中でも自動車部品メーカーのN社は、商社の営業職としてメーカーと取引先の間でやり取りをしてきた調整能力とコミュニケーション能力、文系出身のUさんがイチから身に付けてきた技術的な専門知識と語学力、そして何より自分自身を高めるための「努力」を続けられてきた人柄に好感を持った。

そしてすべてを総合的に評価してN社の《調達部門》にてご活躍いただきたいと感じ内定を出した。メーカーでの調達職はUさんが現職で顧客・提案先の企業側の業務と類似している。まさに、Uさんは調達経験がないものの、経験キャリアのマッチ度は非常に高かったことが要因だ。

これまで営業職としての経験しかなかったUさんは、他の職種にキャリアチェンジをすること当初は考えていなかったものの、メーカーの調達であれば、製品が出来上がるまでの生産工程に携わることができる事に魅力を感じ、また機械商社としての営業職での経験を活かすことが出来ると考え、N社の調達職として内定を承諾した。

転職活動を一旦中止した2年前、Uさんの冷静な判断とその後の2年間の努力が転職成功に導いたのだ。

担当キャリアアドバイザーの声

Uさんは、その業界のプロとしての意識が高く、自分自身に足りないものは何かを分析し解決を目指して実行力がある方だとお見受けしております。
それら仕事に対する姿勢も、N社から高い評価を受け内定となった要因の一つであると考えます。

Uさんは商社の営業として取引先メーカーとのやり取りの中で得たスキルを上手くアピールして面接官に好感を持っていただくことで、未経験の業界や職種へのキャリアチェンジを実現されました。

「無駄な経験などない」これまで培ってきた経験やスキル、感覚などはきっとどこかで活かす事が出来る。


求職者にとっての「気づき」を我々転職エージェントが共に考えるのが転職支援を行う私たちであると、改めて感じた転職事例でした。

N社でもUさんの持ち前の努力と実行力を活かして、より一層のご活躍されることをお祈りいたしております。

 

同じような転職者様の声

転職後
業種
機械設計職
仕事内容
自動車部品メーカー正社員
年収
500万円

こんにちは!みらいキャリア編集者です。 今回は当社経由で転職成功した20代男性のEさんにインタビュー形式でお話を伺いました。 転職を考えたきっかけや転職活動の...

転職後
業種
自動車部品メーカー
仕事内容
生産技術
年収
400万円

自分の成長とはうらはらに、会社の業績は右肩下がり 静岡県出身のPさん。 昔からモノづくりが好きだったこともあり、地元の工業高校を卒業した後、愛知県名古屋市内にある大学に...

転職後
業種
自動車部品メーカー(正社員)
仕事内容
品質管理
年収
400万円

なぜうまくいかないのだろう・・・不安と憤りを抱えた転職活動 岐阜県出身のTさん。愛知県の大学院にて会計学をテーマに研究。 そこで企業会計の知識を得る為に製造業について調...

ページトップへ