MENU
みらいキャリアコンテンツ
ホームみらいコンテンツ内定・退職・入社面接官に納得感を与える!中途採用面接での退職(転職)理由の伝え方《みらいキャリア流名古屋弁講座》

転職に関することやブログなど、幅広いジャンルのコンテンツを掲載します。

面接官に納得感を与える!中途採用面接での退職(転職)理由の伝え方《みらいキャリア流名古屋弁講座》

みらいキャリア編集者

中途採用の面接の場合、必ずと言っていいほど面接官から問われるのは【退職理由】について。

伝え方によって印象を大きく変える可能性があり、中途採用の場面においては最も重要な質問といっても過言ではありません。

本音で答えるべきか、建前で答えるべきなのか。

退職理由にはネガティブな要素が背景に含まれることもあるため、退職理由の伝え方に悩む方は多くいます。

 

ただ、退職理由の伝え方のコツさえつかんでしまえば、面接官も納得の回答ができます。

ここでは、退職理由を伝える際の注意点などを解説していきたいと思います。

中途採用面接では退職理由がキーポイント

では、なぜ面接官は退職理由を聞くのでしょうか。

それは面接官が次のようなことを気にしているからです。

 

・早期退職するのではないか

・仕事に対する考えの甘さがあるのではないか

・他責な考えがあるのではないか

・自社の社員と良好な関係を築けるのか

 

などなど・・

 

 

他にも、「前の(今の)会社ではやりたいことがやらせてもらえない」といったような退職理由であれば、入社後の配属先を検討する為ということもあります。

退職理由を伝えるポイントとしては、なぜ面接官がその質問をするのかを想定しておくことが重要と考えられます。

退職理由を伝えるときの3つのポイント

退職理由の内容ももちろんですが、伝え方にも注意が必要です。

まずは以下の3つのポイントをおさえておきましょう。

 

・「やりたいことを実現するための退職」へ変換

退職理由を伝える際、最後の締め方は前向きな終わり方にするように心がけると良いでしょう。「○○の知識を活かして○○の経験を積んで成長したい」「御社の○○で○○として活躍したい」など、辞めたい理由ではなく、やりたいことは何で、それを実現するための転職であることを具体的に述べると好印象につながります。同時に早期退職などの懸念を払拭することもできるでしょう。

・他責に聞こえるような表現は控える

「会社が○○してくれないので、自分が成長できない」「担当外の仕事をやれと言われた」のような伝え方は人任せのような印象を与えてしまう可能性があり、今後も不満や不平を口にするのではないかという懸念を持たれてしまうリスクがあります。たとえ事実だったとしても好印象にはつながりにくいので、控えましょう。

・退職が「やむを得ないないもの」として納得感を与える

退職理由の中にネガティブな要素が含まれると、「その程度のことで退職を決めてしまうのか」「もう少し頑張ればいいのに」といったように考えが甘いのではないかという印象を与えがちです。退職理由が客観的に見て「それなら仕方がない」と納得させるようなものであるかどうかを知っておくことも重要です。

事実とは異なる内容は後々トラブルの元になるのでご注意を

 冒頭でも述べたように、退職理由はポジティブなものばかりならいいのですが、その多くはネガティブなものが多いかと思います。

誰でもネガティブな理由は話しづらいもの。

そうなるとつい、実際とは異なる理由や内容を伝えてしまおう・・・と思ってしまうこともあるでしょう。

ネガティブな退職理由を悪い印象につながらないように伝え方を工夫することは問題ないのですが、経験がないのに「○○の操作ができます」や持っていないのに「○○の資格を活かして活躍したいです」などネガティブな要素を払拭する為に、実際とは異なる内容を付け足して伝えることはNGです。

入社後、そのような「事実とは異なる経歴」が発覚すると、予想外の事態に発展する可能性があります。

すべては自己申告になりますので、事実をお話した上で、「御社でどうなりたいのか、やりたいことは何か」を明確に答えましょう。

そうすることで納得感を与える退職理由を伝えることができ面接官に好印象を与えます。

「都合が悪い事実は言わないでおこう」「経歴やスキルを誇張して伝えよう」そのような気軽な気持ちが後にトラブルへとつながる恐れがありますので、注意しましょう。

まとめ

 退職理由は伝えづらい内容も中にはあるかもしれませんが、自分の言葉でしっかりと伝えることが大切です。

前職で叶わなかったことがあるのであれば「新しい職場でそれが叶えられるのか」またやりたいことがあるのであれば、「どのように活躍していきたいのか」を整理して、中途採用面接に臨みましょう。

 

 

《おまけ》みらいキャリア流 名古屋弁講座 ~名古屋人の会話 転職理由編 ~

「おみゃあさん、なんで転職しようと思っとるの?」

「今の会社は残業がようけあるもんで、しょっちゅう終電で帰っとるのが疲れるでかんわ~」

「そりゃあ大変ですなも。いっつも何時くらいに帰宅しとるの?」

「ばんげの11時くらいになるもんでおおじょうこくわ。」

「次はどんなところに転職したいと思っとるんかや?」

「せめて8時には帰れる企業に行きたいわ~!」

「ほいじゃあ面接がんばりゃあよ~!」

「まかせときゃあ~」

(通訳)

「君はなぜ転職をしようと思ってるの?」

「今の会社は残業が多いから、常に終電で帰っているのが疲れているのがよくないんだ」

「それは大変だね。いつも何時くらいに帰宅しているの?」

「夜の11時くらいになるから困ったものだ」

「次はどのようなところに転職したいと考えているの?」

「せめて8時には帰ることができる企業に行きたいと思っているよ」

「それじゃあ面接頑張ってね」

「まかせておいて~」

ページトップへ