MENU
みらいキャリアコンテンツ
ホームみらいコンテンツ 一覧製造業に関わる職種製造業における工場長ってどんな仕事? ~具体的な仕事内容や役割、やりがいについて解説~

転職に関することやブログなど、幅広いジャンルのコンテンツを掲載します。

製造業における工場長ってどんな仕事? ~具体的な仕事内容や役割、やりがいについて解説~

みらいキャリア編集者

製造業における工場長ってどんな仕事?
製造業と呼ばれるモノづくりの企業には必ずといっていいほど工場があります。工場には必ず工場長という職種が存在します。
工場長は、その工場のトップというイメージはあるものの、

・工場長という仕事は、具体的にどんな仕事をするの?
・工場長の仕事って大変なの、やりがいってどんなところ?

といった疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、工場長の具体的な仕事内容やそのやりがいなどについて紹介していきます。
工場長の仕事についてより深く知ることで、今までより工場長が身近に感じるはずです。

なお、本記事では、上場企業の事業部クラスの責任者をイメージして工場長の仕事内容を記載しております。理由としましては、課長や町工場の工場長ポジションは、仕事内容や役割が変わり、現場寄りの仕事も含まれるためです。本記事では、マネジメントに重きをおいた内容を解説しております。

工場長とは?

工場長とは、皆さんのイメージ通り工場サイドの最高責任者を指します。工場の運営の全責任を負うとともに、工場内外の折衝の責任者でもあります。また、業績の評価・管理、人材の開発、目標の設定、組織づくり、大小様々な課題解決など多岐にわたります。

工場長には幅広い仕事と責任が伴いますが、それと同時に裁量が大きいため、それがやりがいとして感じられるとも言えるでしょう。

工場長の具体的な仕事内容は?

工場長の仕事内容は様々ありますが、重要な仕事は次の3つです。それぞれの具体的な仕事内容をみていきましょう。

安全・品質の確保

モノづくりをするにあたり、従業員が安心して作業ができるよう環境を整える必要があります。そのためには、現場の安全を定めたルールの遵守が求められます。たとえば機械設備にトラブルが発生した際などのルールを明確にしておき、いざというときに従業員の安全を守れるように周知徹底を図ることが工場長の重要な役目です。

お客様と滞りなく取引を行うには、納期を守りながら品質の高い製品を提供する必要があります。設備の精度を調整し、従業員の作業フローを徹底するなど、品質向上を目指した取り組みの方針を決定し、遵守させます。

また、さらに生産性を高められるよう設備投資を長期的な目線で判断することも、工場長の重要な仕事内容です。

経営管理

工場では、会社の経営方針に沿って生産目標を設定します。目標を達成するためにはどうすればいいのか、計画を立て、確実に遂行していくための管理を行うことも工場長の仕事です。

実際に工場を稼働させているのは作業員ですが、誰をどこに配置し、どのような生産体制をとるのかを検討し、実行するのは、工場長の仕事です。

そして、企業全体のコストを削減するため、工場にかかるコストについても、削減を求められます。生産コストを下げることができれば、それだけ製品が売れたときの利益率を上げることができるからです。

人材育成(マネジメント)

工場で働く従業員の採用や育成も任されます。職場での仕事内容にふさわしい人材であるかを見極めることや、実際に作業の中で従業員の技術や技能レベルを引きあげる育成を行っていくもの工場長の職務には必要です。持ち味を引き出し、モチベーションを確保していきます。

また、従業員に対して、適切な調査や聞き取りを実施する姿勢も重要です。現場を大切にする工場長は、業務時間中に時間を見つけては現場を実際に見回りすることが多いです。これは安全の確保や作業の生産性向上、現場のルールや作業フローの明確化につながります。

工場長の仕事のやりがいとは?

工場長のやりがいとしてまず挙げられるのが、裁量の大きさです。責任は大きいですが、その分、権限が組織から与えられます。

工場の出す成果は、施策立案や意思決定により決まりますが、その判断を任されるのが工場長です。一つ一つの判断には重い責任が付きまといますが、自分が打ち出した施策がうまくいったときには工場で働く社員の多くから感謝の言葉をもらえるでしょう。

またそのような場合、会社の重役(役員クラス)から期待される役割も多いことでしょう。

このように、工場の経営の全責任を背負って日々奮闘している工場長だからこそ得られる達成感こそが、何物にも代えがたい魅力的なやりがいとなります。

工場での作業風景

 

工場長の仕事に必要な知識や能力は?

工場長で働く人には、次のような知識や能力が求められることが多いです。

経営管理スキル

工場長は、企業においては一社員ではなく、経営陣に近いポジションで働くことになります。
企業によっては、役員が工場長を兼務するケースもあります。そのため、目の前の仕事をただこなすだけではなく、仕事内容でも触れた通り、コスト意識を持って業務にあたり、長期的な視点を持って日々の判断をすることが求められます。

製造現場の技術・知識

工場長は、現場の安全管理はもちろん、コスト削減に向けた取り組みの良し悪しを判断するためにも製造現場の知識や技術に精通することが求められます。
また、自社工場の製造現場の在り方を検討するためにも、自社工場だけでなく、他社工場の製造現場や一般的な製造工程を知っておく必要があり、常に現場サイドの改善を繰り返すことが工場長には求められます。また、近年は工場のデジタルトランスフォーメーション・自動化など最新の技術を自社導入など新しい技術の取り込みなどの判断に工場長が果たす役割は大きいでしょう。

交渉力

交渉力についても工場長に必要な能力の一つです。

自社製品の受注・価格交渉、製品トラブル発生した際の責任分担の交渉など、売上や利益に直結する交渉を工場長は担うことになります。

時にはお客様の要望と工場側との意見が互いに利益相反になるような、難しい判断をしなければならいない時もあります。お客様の信頼関係を保ちつつ、工場側状況を的確に判断しながら正しい判断を導き出す為の交渉力が求められるでしょう。

パソコンの前で作業をする作業員

工場長の仕事の将来性

工場で勤務のする方にとって、工場長はキャリアの1つの到達点ともいえる存在です。
それだけ責任ある仕事でもあり、多くのスキルや経験が求められるため、その役割を担える人は限られます。

一方、モノづくり企業は数十万社あり、多くは工場を持っています。組織にはそのトップ(リーダー)が必要になります。工場も組織であり、そのトップである工場長は必ず必要とされますので、工場長という職種は、将来的にも必要とされるでしょう。

また、工場長という役割以外にも、製造コンサルタントとして、現場のコスト改善に向け、分析や提案をしていくという仕事にキャリアチェンジすることも可能です。

工場長の仕事に携われるのはどんな業界?

工場長の経験者を必要としているメーカーは非常に多く、基本的に製造に関連するメーカーで工場を保有していれば、工場長の仕事のニーズがあります。

具体的には、下記のような業界において工場長の仕事に携わることができます。

・自動車
・輸送機器
・産業用機器
・医療用機器
・宇宙開発
・食品
・ゼネコン
・プラント
・インフラ  etc…

他にも様々な業界がありますので、気になる人はぜひメーカーの会社情報や求人情報をチェックしてみてください。

工場長の求人はこちら

東海エリアで製造業に携わる

ものづくり大国の東海エリアには、大手企業やそれらの企業を支える中小企業まで、製造業が多く名を連ねます。

中でもエンジニアと呼ばれる、いわゆる技術職の求人は自動車や機械メーカーを中心に、その生産に必要な産業機械・電子部品を作る企業においてもエンジニア人材の需要が高まっています。

弊社の転職支援は、東海エリアの製造業に特化しており、多くのメーカー様から人材募集のご依頼をいただいておりますので、是非求人情報をご覧いただけばと思います。

今回ご紹介した「工場長」の求人情報はもちろんのこと、製造業でニーズの高い求人を随時更新しております。

少しでも気になる求人がございましたら、【転職支援サイトみらいキャリア】より転職面談のお申し込みをしていただき、転職面談にて貴方様のご経験や転職に関するご希望をお聞きして、可能な限り求人をご紹介いたします。

まとめ

本記事では、工場長の具体的な仕事内容やそのやりがいなどについて紹介しました。各業界のメーカーのホームページを見ると、そのメーカーにおける工場長の仕事内容が具体的に解説されていたりもしますので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

気になる企業が見つかった方は、まずはみらいキャリアのキャリアアドバイザーへご相談ください。

それでは、ここまでご覧いただきまして、ありがとうございました!

参考URL

徹底解説!工場長の仕事内容・役割とその魅力とは?

工場長や管理者が育たない理由とは?

工場長とは?工場長の仕事内容と求められるスキルについて

一人でも多くのみらいを
まずはお気軽にご相談ください。
地元を熟知したキャリアアドバイザーが、求職者様の明日が笑顔になり、
そして豊かなキャリアライフとなる転職を全力でサポ―ト致します。
転職のオンリーパートナーとして弊社をご利用くださいませ。
ページトップへ