MENU
みらいキャリアコンテンツ
ホームみらいコンテンツ 一覧職種一覧営業の仕事製造業における営業の仕事とは?~スキルやキャリアパスまで紹介~

転職に関することやブログなど、幅広いジャンルのコンテンツを掲載します。

製造業における営業の仕事とは?~スキルやキャリアパスまで紹介~

みらいキャリア編集者

製造業における営業の仕事とは?~スキルやキャリアパスまで紹介~製造業をはじめあらゆる職場で必要とされる営業という職種。

製造業の営業職は、製品の営業やアフターサービス、工場とのやり取りなど何となくのイメージはつくかも知れません。

しかし、製造業の営業職と聞いて

 ・実際にはどのような仕事があるの?
 ・他業界の営業職と何が違うの?
 ・営業のやりがいや大変さって何?

など、色々な疑問があるかと思います。

そこで、本記事では、これらの疑問に答え、さらに製造業の営業職に向いている人や営業職の魅力、キャリアパスについてご紹介します。

製造業の営業職に興味を持つ方は、ぜひ記事を読んで参考にしてください。

製造業・営業への転職相談はこちら

製造業においての営業の仕事内容

自社の製品を売る有形商材の営業

自動車販売の営業職を例に、営業の仕事内容をみていきましょう。

自動車販売の営業職は、顧客に最適な自動車を提案する重要な役割があります。
営業担当者は、顧客のニーズや予算を把握し、車の特徴や安全性などの情報を分かりやすく伝え、顧客が納得した選択を行うサポートをします。

営業の仕事では、顧客との信頼関係を築き、長期的な関係を構築することも重要です。

アフターサービスを徹底

製造業における営業では、製品を購入された顧客に対してのサポートを徹底していることが多いです。
製品に不具合が生じたり、他のニーズがあるかどうかを確認したりするため、営業担当者が定期的に顧客のところを訪問します。
また、新しい製品が発売された場合、既存の顧客にも積極的に提案を行います。

製造業ならではの工場とのやり取り

製造業の営業職は、工場との綿密なコミュニケーションを行っています。

営業担当者は、工場とやり取りをすることで、顧客のニーズに適した製品を提供するための情報を収集しています。
工場の能力や制約を理解し、製造工程や生産スケジュールを把握することで、顧客に正確な納期を伝えることができるのです。

このように、製造業の営業職は、製品開発から納品までのプロセスを把握し、顧客に満足度の高い製品を提供するための架け橋となる重要な存在でもあります。

製造業における営業と技術営業の違い

製造業における一般的な営業は、製品やサービスの販売促進やビジネスの拡大を目指す役割を担っていることが多いです。
そのため、営業担当者は、顧客のニーズを理解し、製品やサービスの価値を伝えることに重点を置いています。

一方、技術営業はより専門的な知識や技術的な洞察力が求められます。
技術営業の担当者は、製品やサービスの技術的な側面に関する深い理解を持っており、顧客に対してその価値を説明することができます。
また、技術的な問題や障害が発生した場合には、顧客と協調して解決策を見つけ出すことも求められます。

このように、技術営業は、技術的なスキルや知識を活かして顧客との信頼関係を築き、製品やサービスの導入・運用をサポートしています。
その他にも、製品のデモンストレーションやトレーニングを行い、顧客が製品を効果的に活用できるように支援もしています。

製造業における技術営業ってどんな仕事?

製造業の営業職のやりがい

社会の役に立っていることが実感できる

製造業の営業職にとっての大きなやりがいは、自分が社会の役に立っていることを実感できることでしょう。
営業担当者は、製品を顧客に提案し、ニーズに合ったソリューションを提供します。
その結果、顧客は生産性や効率性を向上させることができ、企業の競争力を高めることができます。
このように、製造業の営業職は、自分の努力や貢献が具体的な成果に結びつくことを実感できる仕事です。
社会において重要な役割を果たし、経済の発展や企業の成長に貢献することに喜びを見出すことができます。

顧客の声が直接聞ける

その他にも製造業の営業職には、顧客の声を直接聞くという大きなやりがいがあります。

営業担当者は顧客と密接に関わり、意見やニーズを直接聞く機会が多いです。
顧客の声を聞くことで、製品やサービスの改善点や新たな要望を把握することができます。

この顧客の声は、製造業の営業職にとって非常に貴重です。顧客の声を受け止め、それを企業内にフィードバックすることで、製品の品質や機能性を向上させることができます。

顧客の声を直接聞くことで、営業担当者は、顧客との良好な関係を築いていきます。
さらに顧客の信頼を得ることで、長期的なお付き合いが可能になります。したがって、顧客の声は営業担当者にとっての貴重な情報源であり、顧客満足度を高めるための重要な手がかりです。

このように、製造業の営業職は、顧客の声を直接聞くことによって、製品やサービスの向上に寄与することができます。顧客の要望に応えることで、喜びと達成感を得ることができるやりがいのある仕事と言えるでしょう。

製造業の営業職で働く大変さ

工場を歩くスーツ姿の男性

残業・休日出勤が発生することがある

製造業の営業職は、顧客の要求に迅速に対応するため、状況に応じて残業や休日出勤が発生することがあります。

営業担当者は、納期に追われたり、急な変更に対応したりすることがあります。それにより、残業や休日出勤が必要になることもあります。

このように、製造業の営業職は、顧客の要望に応じた、柔軟な働き方が必要とされることが多いです。

クレームやトラブル対応がある

製造業の営業職は、クレームやトラブル対応という大変さに直面することがあります。

例えば、製品の不具合が発生し、顧客からの不満や問題が発生した際には、営業担当者が迅速に対応し、解決策を見つける必要があります。

これにはコミュニケーション能力や問題解決能力が求められます。クレームやトラブルは企業の信頼性や評判に直結するため、真摯な態度で顧客と向き合い、適切な対応をすることが重要です。

営業担当者は、こういったクレームを顧客との関係をより強固に築くためのチャンスと捉え、この大変さに立ち向かえる強さが必要となります。

常に最新の製造知識が必要となる

製造業の営業職は、常に最新の製造知識を持つ必要があります。
それは、市場や技術の進化に伴い、製品や業界のトレンドも変化していくためです。

営業担当者は、顧客との対話や提案を通じて、最新の製造知識を習得し、顧客に適切な情報を提供する役割があります。その役割を果たすため、営業担当者は製造業の最新動向を追い、継続的な学習と情報収集を行う必要があります。

営業担当者は、このような大変さに直面しながら、専門知識と専門性を高め、顧客の信頼を築き上げているのです。
製造業への転職は難しい?専門エージェントが徹底解説 続きを読む

製造業の営業職に向いている人

自社製品が好きな人

製造業の営業職に向いている人として、「自社製品が好きな人」が挙げられます。

自社の製品に対して情熱と興味を持っていると、その価値を顧客に熱意を持って伝えることができます。また、自社製品が好きな人は、顧客のニーズや要望に敏感であり、それに合わせて製品のカスタマイズや提案を行うことができます。

飽きずにコツコツできる人

製造業の営業職に向いている人として、「飽きずにコツコツできる人」も挙げられます。

営業職は、顧客との関係構築や成果を出すために、時間と労力が必要となる仕事です。
飽きっぽい人にとってはモチベーションを維持するのが難しいかもしれませんが、飽きずにコツコツと取り組むことができる人は、目標を達成するために努力し続けることができます。

このような人は、一つのプロジェクトや取引に時間をかけ、細部にまでこだわります。また、困難な状況に直面しても、諦めずに取り組む姿勢を持っています。その結果、信頼や成果を築き上げることができるのです。

コミュニケーションをとるのが好きな人

製造業の営業職に向いている人の最後は、「コミュニケーションをとるのが好きな人」です。

営業職は、顧客との信頼関係を築き、ニーズを理解し、解決策を提供する仕事です。そのため、コミュニケーションをとるのが好きな人は、顧客との対話を通じて信頼を築き、ニーズや要望を正確に把握することが得意な傾向にあります。

その結果、コミュニケーションをとるのが好きな人は、顧客との信頼関係の構築や営業成果が出しやすくなります。

営業職に必要な3つのスキル

自社の商品を魅力的に伝えるプレゼンテーション能力

営業職に必要なスキルの1つ目は、「自社の商品を魅力的に伝えるプレゼンテーション能力」です。

営業担当者は、製品の特長や利点を明確に把握し、それを効果的に伝えることができるスキルを必要とします。
プレゼンテーション能力は、顧客に製品の魅力を伝えるための重要なツールであり、製品の価値を魅力的に伝えることが求められます。

魅力的なプレゼンテーションは、顧客との信頼関係の構築や、製品の売上を拡大するために重要な要素です。

売上拡大に向けた営業計画を立てる力

営業職に必要なスキルの2つ目は、「売上拡大に向けた営業計画を立てる力」です。

営業計画を立てるためには、市場動向や競合状況を把握する能力が重要です。
市場調査やデータ分析を通じて、需要のトレンドや競合他社の動向を把握し、自社の競争優位性を見極めます。
また、営業職は顧客のニーズや要望を理解し、それに応じた営業戦略を策定する必要があります。顧客とのコミュニケーションを通じてニーズを把握し、製品やサービスの特長を強調するような戦略立案する必要があります。

このように、売上拡大に向けた営業計画を立てる力は、製造業の営業職において重要なスキルと言えます。

信頼関係を築くためのコミュニケーション能力

営業職に必要なスキルの3つ目は、「信頼関係を築くためのコミュニケーション能力」です。
コミュニケーション能力は、営業職の成功に直結します。
なぜなら、顧客とのコミュニケーションを通じて顧客のニーズを理解することができるためです。その結果、問題を解決するための最適な解決策を提案することができ、顧客に対して信頼感を与えることができます。

このように、信頼関係を築くためのコミュニケーション能力は、営業職の成功に欠かせないスキルの1つでしょう。

製造業の営業職のキャリアパス

製造業の営業職は、多様なキャリアパスが存在します。

例えば、初めは営業担当として製品知識を習得し、顧客との関係を築きます。その後、営業マネージャーや地域責任者といった役職に昇進するといったキャリアです。

その他にも、国内外の営業担当やキーアカウントマネージャーとして活躍することも可能です。さらに、営業職からマーケティングや製品開発、ビジネス開発など他の部門への移行も可能です。

このように、製造業の営業職は、挑戦と成長の機会が多くある職種の一つですので、幅広いキャリアパスを選択できる魅力的な職種です。
製造業・営業職の求人検索はこちら

【まとめ】製造業の営業で活躍しよう

本記事では、製造業の営業職について、仕事内容、やりがい、大変さ、向いている人、必要なスキルについてご紹介してきました。また、製造業の営業職のキャリアパスについてご紹介しました。

製造業の営業職は、製品の売上に直結する重要な仕事であり、顧客との関係構築や、製品の魅力を伝えたり、フィードバックを直接もらえたりすることのできるダイナミックな職種と言えます。

各業界のメーカーのホームページを見ると、そのメーカーにおける営業職の仕事内容が具体的に解説されていたりもしますので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

また、気になる企業が見つかった方は、まずは「みらいキャリア」のキャリアアドバイザーへご相談ください。「みらいキャリア」のキャリアアドバイザーが徹底サポートします。製造業の求人情報や市場動向のご紹介、履歴書や面接のアドバイスも行っております。

それでは、ここまでご覧いただきまして、ありがとうございました!

製造業・営業への転職相談はこちら

関連コンテンツ

製造の魅力!組立作業の仕事内容をカンタン解説
2024.06.20
  • 職種一覧
  • モノづくり系エンジニア

製造の魅力!組立作業の仕事内容をカンタン解説

製造の魅力!工場でのプレス作業の仕事をカンタン解説
2024.05.23
  • 職種一覧
  • モノづくり系エンジニア

製造の魅力!工場でのプレス作業の仕事をカンタン解説

一人でも多くのみらいを
まずはお気軽にご相談ください。
地元を熟知したキャリアアドバイザーが、求職者様の明日が笑顔になり、
そして豊かなキャリアライフとなる転職を全力でサポ―ト致します。
転職のオンリーパートナーとして弊社をご利用くださいませ。
ページトップへ