MENU
みらいキャリアコンテンツ
ホームみらいコンテンツ 一覧製造業に関わる職種エンジニア他製造業における製造・技能職とは? ~生産技術職との違い・やりがい・必要な能力を紹介~

転職に関することやブログなど、幅広いジャンルのコンテンツを掲載します。

製造業における製造・技能職とは? ~生産技術職との違い・やりがい・必要な能力を紹介~

みらいキャリア編集者

製造業における製造・技能職とは?
商品を生み出し、世に商品を送り出すメーカー・製造業は、就職先・転職先として常に人気があります。

その製造業において、あらゆる企業に存在する製造・技能職のお仕事。

製造・技能職の仕事は、工場の製造現場で作業をする仕事というイメージはあるものの、

・製造・技能職という仕事は、生産技術とは違う仕事をするの?
・製造・技能職の仕事って大変なの、やりがいってどんなところ?

といった疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、製造・技能の具体的な仕事内容やそのやりがいなどについて紹介していきます。

製造・技能の仕事についてより深く知ることで、今まで以上に興味が湧いてくるはずです。

製造・技能職とは?

製造・技能職は、工場内の生産ラインで製品の加工を行ったり、製品を組み立てたり、装置のオペレーション作業を行ったりする仕事です。

技術がいくらあってもそれを使いこなせる人がいなければものづくりは出来ません。最終的に製品となるものづくりを行っている人が、製造・技能職に従事している人ということになります。

製造・技能職と生産技術職の仕事の違い

製造・技能職と比較される職種に生産技術職があります。一見すると似ていますが、仕事内容としては全くの別ものになります。

製造・技能職と生産技術職の具体的な仕事内容は、次の通りですので比較しながら読んでみて下さい。

製造・技能職は製品を「造る」仕事

製造・技能職は、後で記述する生産技術職で確立された生産体制の中で、製品を製造する一つのプロセスで仕事を行います。

例えば、ある部品を加工する生産ラインがある場合、サプライヤーから調達した原材料が生産ラインに運ばれ、その原材料を加工するのが製造・技能職の仕事になります。

その中で、いかに効率よく、品質の高い製品を造ることができるかがポイントになります。

生産技術は製品を「安定した生産体制を確立する」仕事

一方で生産技術職については、生産ライン全体を通して、非効率な部分などの情報を集め、不備や不良などの課題を発見し、改善していくことが求められる仕事です。

また、作業だけでなく、作業に必要となる設備についての管理も行い、メンテナンスや設備の入れ替えといったことを生産に支障をきたすことなくスケジュールを組み、計画的に進めていくことも仕事内容の一つとなります。

生産技術職の詳しい内容については、以下の記事も参考にしてください。

◆製造業に欠かせない”縁の下の力持ち”「生産技術職」へのキャリアアップ転職のススメ https://www.career-on.jp/contents/3255/

製造・技能職の仕事のやりがいとは?

製造・技能職の仕事のやりがいとしては以下の3つが挙げられます。

直接製品に関わることができる

製造・技能職のやりがいとしてまず挙げられるのが、直接製品に関わることができるということです。

製造・技能職では製品そのものを造る仕事ですので、もちろん製品に触れられますし、完成した製品を間近でみることもできます。

そのことにより、会社に貢献している、また仕事に誇りが持てるといった形でのやりがいがあります。

一方で、製品を落としたり、ぶつけたりして製品品質に影響を与える可能性が高い仕事でもありますので、製品を慎重に扱うなどの責任が求められる仕事でもあります。

技術力の向上が見えやすい

製造・技能職の仕事は、自分の成長が見えやすい仕事でもあります。

製品の出来栄えが良くなったり、それまでしていた作業が効率的に出来るようになったりといった形でスキルが客観的にも見えやすい仕事と言え、そこにやりがいを見出される方もいます。

必要とされる存在になれる

製造・技能職で高い技術力をもつ人材になると、その現場だけでなく、会社からも重宝される存在になります。 例えば、高い技術力が認められ会社から表彰されたりするということがあります。

会社にとっては無くてはならない存在と認められることがやりがいに繋がることもあります。

やりがいをもつ製造現場作業員

製造・技能職の仕事に必要な知識や能力は?

製造・技能職で働く人には、次のような知識や能力が求められることが多いです。

製品を製造するための技術力

製造・技能職では、工場の生産ラインで働く仕事であり、近年では工程のマニュアル化や自動化が進んでおり、技術が必要とされないと捉えられがちです。

しかし、製造・技能職の仕事の中には、熟練の技術を必要とする仕事もあり、技術力を高めていく努力は必要になります。資格を取得することで、手に職をつけられる仕事も中にはあったりします。

安全管理能力

製造・技能職では、設備や機械、材料や薬品を活用して仕事をすることが多く、安全管理能力が求められます。

これは生産ライン独自に基準を設けていることがほとんどであり、仕事をしていく中で身につけていくことになりますが、自分の体は自分で守るという意識が重要な仕事でもあります。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力と聞くと、製造・技能職の仕事では必要ないのではと思われる方もいるかも知れません。

製造・技能職の仕事は、製品を計画的に造ることが求められます。これは生産管理によって立てられたスケジュールをもとに動いていくことになりますが、スケジュールの変更もしばしば発生します。 そのときに円滑なコミュニケーションが行われていないと、必要な個数造ることが出来ていない、また急な対応で製品の品質を落としてしまうといったトラブルを発生させる元となります。

そのため、工場の生産ラインの上司や関係者と良好な関係を保つ「コミュニケーション力」が必要となります。

製造・技能職の仕事に携われるのはどんな業界?

基本的に製造業において自社で工場を持っている企業あれば、製造・技能職のニーズは必ずといっていいほどあります。

具体的には、下記のような業界において製造・技能職の仕事に携わることができます。

  • ・自動車
  • ・輸送機器
  • ・電気機器
  • ・産業用機器
  • ・医療用機器
  • ・宇宙開発
  • ・ゼネコン
  • ・プラント
  • ・インフラ  etc…

他にも様々な業界がありますので、気になる人はぜひメーカーの会社情報や求人情報をチェックしてみてください。

東海エリアで製造業に携わる

モノづくり大国の東海エリア(愛知・岐阜・三重)には、大手企業やそれらの企業を支える中小企業まで、製造業が多く名を連ねます。 中でもエンジニアと呼ばれる、いわゆる技術職の求人は自動車や機械メーカーを中心に、その生産に必要な産業機械・電子部品を作る企業においてもエンジニア人材の需要が高まっています。

弊社の転職支援は、愛知・岐阜・三重を中心に東海エリアの製造業に特化しており、多くのメーカー様から人材募集のご依頼をいただいておりますので、是非求人情報をご覧いただけばと思います。

今回ご紹介した「製造・技能職」の求人情報はもちろんのこと、製造業でニーズの高い求人を随時更新しております。 少しでも気になる求人がございましたら、【転職支援サイトみらいキャリア】より転職面談のお申し込みをしていただき、転職面談にて貴方様のご経験や転職に関するご希望をお聞きして、可能な限り求人をご紹介いたします。

製造・技能職の求人はこちら

まとめ

本記事では、製造・技能職の具体的な仕事内容やそのやりがいなどについて紹介しました。

各業界のメーカーのホームページを見ると、そのメーカーにおける製造・技能職の仕事内容が具体的に解説されていたりもしますので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

気になる企業が見つかった方は、まずはみらいキャリアのキャリアアドバイザーへご相談ください。皆さんのご経験をヒアリングさせていただいた上で、皆さんにとって、最適なキャリアをご提案いたします。

それでは、ここまでご覧いただきまして、ありがとうございました!

参考URL

◆製造業の職種の種類は?転職で知っておきたい仕事内容を解説! https://wawawork.work/workerstrend/industry/6295/

◆製造業に欠かせない”縁の下の力持ち”「生産技術職」へのキャリアアップ転職のススメ https://www.career-on.jp/contents/3255/

一人でも多くのみらいを
まずはお気軽にご相談ください。
地元を熟知したキャリアアドバイザーが、求職者様の明日が笑顔になり、
そして豊かなキャリアライフとなる転職を全力でサポ―ト致します。
転職のオンリーパートナーとして弊社をご利用くださいませ。
ページトップへ