MENU
みらいキャリアコンテンツ
ホームみらいコンテンツ 一覧転職活動の流れ自己分析・情報収集【製造業】働くなら日勤と夜勤どっちがいいの?メリット・デメリットを解説

転職に関することやブログなど、幅広いジャンルのコンテンツを掲載します。

【製造業】働くなら日勤と夜勤どっちがいいの?メリット・デメリットを解説

みらいキャリア編集者

【製造業】働くなら日勤と夜勤どっちがいいの?メリット・デメリットを解説

新しい働き方を考える際の選択肢に「日勤」と「夜勤」という2つの勤務体系があります。
日勤と夜勤にはそれぞれの特徴がありますが「自分にあう働き方はどっちだろう?」と悩む人も多いでしょう。
今回は、そんな悩みを解決するために、日勤と夜勤がどんな働き方なのか、メリット・デメリットなどを具体的に解説していきます。
転職などを考えている方にとっては、重要な要因になりますので、ぜひ参考にしてください。
製造業・メーカーへの就職相談はこちら

製造業における日勤と夜勤の働き方を紹介

製造ラインのイメージ

日勤とはどんな働き方なの?

日勤とは、基本的には8時~17時または9時~18時(休憩1時間を含む)を基本労働時間とする働き方のことを指します。企業によって勤務開始時間や終了時間は異なりますが、一般的な働き方と言えるでしょう。

夜勤とはどんな働き方なの?

夜勤とは、日勤以外の時間帯である、例えば20時~翌5時(休憩1時間を含む)を基本労働時間とする働き方のことを指します。企業によって勤務開始時間や終了時間は異なります。

また、シフト制の夜勤には「2交替制勤務」と「3交替制勤務」と聞きなれない方にとっては珍しい勤務形態が存在します。

2交替制勤務

2交替制勤務とは、日勤と夜勤の2交替制で働くことを指します。

例えば、10時間働いてから間に2時間の休憩をとるという働き方になります。労働基準法では「1日の労働時間は8時間まで」と定められていますが、この働き方は例外として変形労働時間制が適用されます。

3交替制勤務

3交替制勤務とは、日勤と準夜勤と夜勤の3交替制で働くことを指します。

例えば、8時~17時、16時~翌1時、0時~9時(休憩1時間を含む)という働き方になり、複雑な働き方になります。

日勤と夜勤の違い

日勤と夜勤の違いは「働く時間」「給与の割増」の2つが大きな特徴と言えます。

労働基準法第61条では、深夜の労働(夜勤)は「22時~翌5時まで」と定められています。 この時間帯で働く労働者には、割増賃金の支払いが義務付けられているため、給与・年収アップをはかれます。

日勤の働き方のメリット・デメリット

昼の工場のイメージ

日勤の働き方のメリット

日勤の働き方には、主に3つのメリットがあります。

《生活リズムを保ちやすい》
人には働き方の向き不向きがあるため、必ずしも日勤の働き方が健康的であるとは決め付けられません。しかし、日勤での働き方は、夜勤と比較すると生活リズムが保ちやすく、健康的に働ける時間帯と言えるでしょう。

《多くの従業員と関りを持てる》
日勤で働く従業員数は多く、職種も幅広い人たちが社内に存在しています。そのため、従業員が固定されやすい夜勤と比較すると、多くの従業員と関わりを持つことができます。
人が多く、和気あいあいとした雰囲気で働ける環境は、メリットの一つです。

《家族や友人との予定を合わせられる》
一般的に、夜勤よりも日勤で働く人の方が多く、家族や友人と出かける予定が合わせやすい傾向があります。休日にしっかりと休み、プライベートも充実させることで、仕事への集中力も高まります。

日勤の働き方のデメリット

それでは次に、日勤の働き方の2つのデメリットを解説します。

《短時間で稼ぎたい人には不向き》
夜勤には深夜手当が発生するため、短時間でもしっかりと稼ぐことができます。しかし、日勤で稼ぐためには残業手当やインセンティブなどで稼ぐ必要があります。

《対人関係のストレスがたまりやすい》
多くの人と関わりを持つことができる日勤の働き方ですが、その半面、対人関係のストレスがたまりやすいのが特徴です。
普段関わることがない人たちとコミュニケーションをとるのは、ビジネスの上では必要です。しかし、知らない内にストレスを蓄積することへつながってしまうかもしれません。

夜勤の働き方のメリット・デメリット

夜の工場のイメージ

夜勤の働き方のメリット

夜勤の働き方には、主に3つのメリットがあります。

《短時間でしっかり稼げる》
夜勤の仕事(22時~翌5時まで)は割増賃金の支払いが義務付けられています。そのため、日勤と同じ時間を働いていても、給料の差が夜勤の方が多くなります。
そのため、短時間でしっかりと稼ぎたいという人にとっては夜勤の働き方にメリットがあります。

《対人関係のストレスを感じにくい》
夜勤は、日勤と比較すると従業員数が少なく、メンバーも固定されている傾向にあります。人とのコミュニケーションが比較的少ないため、会話が苦手な人にとっては働きやすい環境です。

《休日を有効活用することができる》
家族や友人と休日の予定を合わせにくいというデメリットがある半面、人の出入りが少ない平日の休暇を有効活用することができます。いつもは人混みで中々遊びにくいというレジャースポットも、空いている時間に楽しむことができます。また、病院や役所、銀行にも行きやすく、夜勤の働き方をしている人の嬉しいポイントです。

夜勤の働き方のデメリット

それでは次に、夜勤の働き方の3つのデメリットを解説します。

《生活リズムが保ちにくい》
夜勤の働き方は、深夜に労働をする仕事であるため、生活リズムが保ちにくいのがデメリットです。これまで夜勤の仕事をしていた人や、夜の活動が向いている人にとっては働きやすいですが、慣れない人にとっては最初は大変です。
夜勤でも健康的な働き方をするために、休日の休養の取り方が重要となってきます。

《家族や友人との予定を合わせづらい》
多くの人は日勤での働き方をしているため、その人たちとの予定を合わせることが難しくなるのがデメリットです。また、ご家族がいる方は、夜勤の働き方に対しての理解や協力が必要となってきます。
しかしながら、企業によって夜勤のシフトも変わってくるため、スケジュール管理を整えれば必ずしも予定が合わないという訳ではありません。

《人とのコミュニケーションが少ない》
夜勤での環境は、日勤と比べると従業員数が少なく、メンバーも固定されていることが多いです。黙々と作業したい、人と関わるのが苦手、という人にとってはメリットになります。しかし、コミュニケーションをとることが好きな人にとってはあまり向かない働き方かもしれません。とはいえ、仕事においてどんな作業にも会話が必要となってきますので、全くコミュニケーションがないという訳ではありません。

働くなら日勤と夜勤どっちがいいの?

作業服を着た男女のイメージ

いざ転職をする際に、「自分にあう働き方は、日勤と夜勤どっちだろう?」と悩む方も多いです。

これまで特徴やメリット・デメリットを紹介しましたが、それでは自分はどちらが向いているのか分からないことも。

ここでは、日勤と夜勤どちらが向いているかをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

日勤が向いている人

日勤の働き方が向いている人は、主に以下のようなことが当てはまる人です。

・「朝型」の体質な人

・生活リズムを乱したくない人

・家族や友人との予定を合わせたい人

・勤務体制を一定に保ちたい人

夜勤が向いている人

夜勤の働き方が向いている人は、主に以下のようなことが当てはまる人です。

・「夜型」の体質な人

・短時間で効率よく稼ぎたい人

・休日は一人の時間を大切にし、人混みを避けたい人

・健康管理やスケジュール管理が自分でできる人

夜勤で働くときのポイント

睡眠の質を高めよう

夜勤の働き方を充実させるためには、休日での休養の取り方に気を付ける必要があります。
その一つが睡眠です。睡眠の質を高めるために、以下の工夫をおすすめします。

・睡眠中に携帯電話が鳴らないような設定をしておく

・遮光カーテンを使って日の光を遮る

・アイマスクや耳栓を使って、しっかり休める環境を整える

・寝る前にストレッチをする

夜勤明けの食事に気を遣おう

夜勤明けは、普段よりも身体に疲労が蓄積されています。そのため、消化の良い食事を取るように心掛けましょう。

夜勤が終わり帰宅してすぐに眠る場合、消化にエネルギーを使ってしまうと睡眠の質も落ちてしまいます。そのため、胃腸に負担をかけやすい脂っこいものや甘いものは控えます。

家族の理解を得よう

家族と一緒に住んでいる人は、家族との生活リズムにズレが出てくることも。普段のコミュニケーションが不足し、すれ違ってしまう場合もあります。そのため、自身が夜勤で働くことの理解や協力を得てから、働くようにしましょう。

製造業なら日勤と夜勤、どちらの働き方も選べる

業種や業態にも変わってきますが、製造業の仕事なら日勤と夜勤、どちらの働き方も選択することが可能です。
具体的な働き方に不安を持っている方は、興味を持った企業の担当者に、どんな働き方をしているか聞いてみましょう。
日勤・夜勤のそれぞれの特徴を理解し、自分にあった働き方を見つけていきます。

製造業への転職は難しい?専門エージェントが徹底解説 続きを読む

日勤と夜勤、働き方の悩みを転職エージェントに相談

いざどちらの働き方をしようか、と考えると中々不安を感じて踏み出せないかと思います。そんな時は、転職のプロである転職エージェントに相談をしてみましょう。転職エージェントは様々な企業の情報や働き方を熟知しており、第三者の意見を聞くことができるのがメリットです。

また、みらいキャリアは東海エリア(愛知・岐阜・三重)の製造業に特化した転職エージェントです。製造業・工場で働きたい、日勤夜勤どちらの働きがいいのか相談したい、という方にとってはぜひ活用していただきたいです。

製造業・メーカーへの就職相談なら

関連コンテンツ

営業を辞めたい人向け 理由や対処法、転職方法を伝授
2023.12.13
  • 転職活動の流れ
  • 自己分析・情報収集
  • 職種一覧
  • 営業の仕事

営業を辞めたい人向け 理由や対処法、転職方法を伝授

一人でも多くのみらいを
まずはお気軽にご相談ください。
地元を熟知したキャリアアドバイザーが、求職者様の明日が笑顔になり、
そして豊かなキャリアライフとなる転職を全力でサポ―ト致します。
転職のオンリーパートナーとして弊社をご利用くださいませ。
ページトップへ