MENU
みらいキャリアコンテンツ
ホームみらいコンテンツ 一覧転職活動に役立つ情報豆知識1~3月の年度末に転職活動する方にポイントを紹介!

転職に関することやブログなど、幅広いジャンルのコンテンツを掲載します。

1~3月の年度末に転職活動する方にポイントを紹介!

みらいキャリア編集者

 

1~3月の年度末に転職活動する方にポイントを紹介!

 

「キャリアや年収をアップしたい」「ワークライフバランスが実現できる会社で働きたい」「安定して働ける仕事に就きたい」など。転職したい方の理由は様々です。

例えば愛知県で転職を目指すなら、製造業がおすすめです。42年連続日本一の製造品出荷率を誇る愛知県は、自動車業界のみならず、工作機械や航空機、遊技機関連など幅広い製造業の企業がそろっています。きっと貴方の希望にマッチした企業がみつかるかもしれません。

1~3月の年度末に向けて転職活動する方が知っておきたいポイントを、求職者・採用活動を行う企業側双方の動きをふまえて紹介します。年度末の転職活動を成功させたい方は、ぜひ参考にしてください。

企業側が1~3月に採用活動で意識する3つのポイント

企業が採用活動を行う際に、もっとも選ばれる時期が10月と3月です。10月は一般的に求人数が出るピークの時期、3月は退職者が多く補充のための求人が多く出る時期になります。

1~3月の採用活動は企業側にもメリットがあり、求人が増えるため転職活動に有利です。企業が1~3月に募集をかける時に意識するのが、以下の3つのポイントです。

  1. ①余った採用予算を消費できるのでコストをおさえられる
    ②中途採用なら1~2月、大量採用なら3月と有利なスケジュール
    ③新年度に向けた人材確保ができる

【ポイントその①】余った採用予算を消費できるのでコストをおさえられる

企業では年度初めに予算を決めます。1~3月はまだ使い切れていない年度予算がある時期です。

1~3月なら余った採用予算をそのまま回せるため、企業側はコストをおさえて採用活動ができます。

また、予算を余らせずに使い切りたい企業にとって、1~3月は年度内最後に採用活動を活発化させる時期でもあるのです。

【ポイントその②】中途採用なら1~2月、大量採用なら3月と有利なスケジュール

中途採用が活発化する時期は、1~2月です。転職活動を始めてから次の職に就くには一般的に1~2カ月かかるため、4月入社・採用を目指す場合企業側・応募者ともに1~2月ごろから採用活動を行うことが多いからです。

さらに、3月は4月からの就業を目指して応募者が集まる時期です。企業にとっては大量採用のチャンスであり、新年度からの人材を大量採用したいときに3月に募集を出す企業が多くなっています。

新年度の異動や転勤などに反発して転職する人材も3月に集まりやすいです。企業にとって1~3月は優秀な人材を集めやすい時期という理由も加わり、中途採用活動が活発化します。

【ポイントその③】新年度に向けた人材確保ができる

新年度から新規事業や事業拡大をする企業も多いです。新年度に向けた企業活動のための人材が足りない場合、補充のために企業は1~3月に募集します。事業だけでなく、退職などで人材が不足する予定の場合も、1~3月に募集を開始する企業が多いでしょう。

1~3月のカレンダー

求職者側が1~3月に転職活動を行う3つのポイント

1~3月の年度末に向けて転職活動を考えている求職者にとって、1~3月には転職活動が有利になる3つのポイントがあります。求職者にとっても転職を成功させる要因であり、具体位的な転職活動をはじめるきっかけにもなります。

  1. ①転職活動のスケジュールが組みやすい
    ②求人が多い
    ③新年度から新しい環境で働ける

【ポイントその①】転職活動のスケジュールが組みやすい

転職を希望している人にとって、転職活動のスケジュールを組みやすいのも1~3月のメリットです。12月に冬のボーナスをもらってから転職活動をはじめ、採用が決まり年度いっぱいで元の会社を退職、年度初めに転職先に就業、と具体的な転職活動の見通しがつきやすくなっています。

退職を申し出る場合にも、年度末のため元の職場からも了承を得やすくなっています。引き留めに合うこともなく、元の職場とも円満退職できる可能性が高いのも、1~3月の転職活動のメリットです。

【ポイントその②】求人が多い

1~3月は新年度に向けた人材確保に動く、または年度いっぱいで退職する人材を補充するために、求人を出す企業が多いです。求人件数自体が多く、転職活動でも条件面や職種などで希望の求人を見つけやすくなっています。

【ポイントその③】新年度から新しい環境で働ける

1~3月に転職活動を行って採用される場合、中途採用でも新卒と同じく4月採用の場合が多くなっています。年度初めの4月から新しい環境で働けるため、未経験の職種などにもチャレンジしやすいのもメリットです。

キャリアアップや年収アップ目的での転職なら、新規事業スタートなどにともなう責任のあるポストへの募集も1~3月は多くなっています。

転職活動(キャリアアップを目指す)をする男性のイラスト

【まとめ】1~3月の転職・採用チャンスを活かそう

1~3月に採用・転職活動を行うのは企業側・求職者側ともにメリットが多くあります。何よりも新しい環境や職種にもチャレンジしやすい機会のため、安定した職業や待遇を求めての転職も成功する可能性が高いです。

新型コロナウィルスの影響を受け、困難な経済状況に直面しています。一方、製造業をはじめ人手不足を引き続き抱えている業種は多く、コロナ前と同じく積極的に採用を行っている企業もあります。ニューノーマル時代の様式を受け、最近ではweb面接など直接訪問しない転職活動の方法も浸透してきています。

新型コロナウイルス下でも転職活動を止める理由にはなりません。1~3月の年度末に転職を考えている方は、紹介したポイントも視野に入れながら、転職活動を成功させましょう。

参考

・求人掲載の時期はいつ頃がいいの?
・チャンスはいつ?中途採用に最適な時期
・転職に有利な時期があるって本当?
・転職のベストな時期は? 専門家と転職者に聞いた、春からの転職活動が「オイシイ」5つの理由
・3・4月に入社する「春転職」がオススメな5つの理由
・退職時期の損得を左右する3つの要因
・あいちの概要/産業構造

▼求人情報はこちらから検索できます。

【求人情報を検索する】

▼ものづくり大国愛知・東海エリアにて転職を考えている方は、こちらから転職相談に申し込めます。

【無料転職相談申し込みフォーム】

関連コンテンツ

【機械加工編】製造業における生産技術職の仕事を深堀り!
2021.06.07
  • 職種の種類
  • エンジニアトピックス
  • 機械・電気・電子

【機械加工編】製造業における生産技術職の仕事を深堀り!

週休3日制とは? 導入企業の動きや給料の変動を解説
2021.06.04
  • 転職活動に役立つ情報
  • 豆知識

週休3日制とは? 導入企業の動きや給料の変動を解説

ページトップへ